講習会・研修会

「電気取扱業務(低圧)特別教育」のご案内

 労働安全衛生法では、事業者は感電等の災害を防止するため、「低圧(直流にあっては750ボルト以下、交流にあっては600ボルト以下)の充電電路の敷設若しくは修理の業務又は配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路のうち充電部分が露出している開閉器の操作の業務」に労働者を従事させるときは、標記講習を行うことを義務づけています。
 当協会では、事業者に代わり、この特別教育を実施いたします。
 なお、電気事業法による電気主任技術者や経済産業省の第一種・第二種の電気工事士の資格を取得されている方でも、労働安全衛生法による資格でないことから、低圧電気取扱業務等を行う場合には、標記教育を受講する必要がありますので、ご注意ください。

講習内容 講習費用 講習日一覧

講習内容

講習時間
※会場により
異なる場合が
あります。

※日程・開始時間は
必ず受講票を確認ください
学科 8:30〜 17:20(1日目)
実技 9:00 〜 17:20(2日目)
科目及び
時間

[学科]
1)低圧の電気に関する基礎知識 ( 1h )
2)低圧の電気設備に関する基礎知識 ( 2h )
3)低圧用の安全作業用具に関する基礎知識( 1h )
4)低圧の活線作業及び活線近接作業の方法(2h)
5)関係法令 ( 1h )
[実技]
1)低圧の活線作業及び活線近接作業の方法( 7h )

受講資格 特にありませんが、18才以上でないと就業できません。
修了証 全科目受講修了者に「低圧電気取扱業務特別教育修了証」を交付します。

講習費用
 ※受講料・テキスト代は消費税法の改正を受け、2019年10月1日より
  改定しています。

  受講料
(消費税込)
テキスト代
(消費税込)
合計
会員 11,660円 715円 12,375円
一般 14,740円 715円   15,455円
使用テキスト・・・「低圧電気取扱者安全必携 特別教育テキスト」
            (中央労働災害防止協会発行)
注意事項
[1]講習2日目は救急そ生を行いますので、当日は、動きやすい服装(スカート不可)でお願いします。
[2]実技会場には、更衣室はありません。

講習日一覧

※詳しくは当協会各支部窓口までお問い合わせください
 講習会場へのお問い合せはできません

講習日 窓口 会場 駐車場 定員

7月29日(月)
〜30日(火)
宮崎支部 学科
実技
宮崎市祇園3丁目1
宮崎労働基準協会 矢野産業祇園ビル講習会場
 60台 40名 
8月20日(火)
〜21日(水)
延岡支部 学科
実技
延岡市土々呂町
4-4390-1
延岡市
職業訓練支援センター
あり 40名
10月1日(火)
〜2日(水)
宮崎支部 学科
実技
宮崎市祇園3丁目1
宮崎労働基準協会 矢野産業祇園ビル講習会場
 60台 40名
2020年
2月3日(月)
〜4日(火)
宮崎支部 学科
実技
宮崎市祇園3丁目1
宮崎労働基準協会 矢野産業祇園ビル講習会場
 60台 40名

特別教育申込要領はこちら

ページの先頭に戻る

トップページに戻る トップページに戻る