ボイラー実技講習

1.講習内容

二級ボイラー技士試験については、労働安全衛生法関係法令の改正により受験資格が不要になりましたが、免許試験に合格後、「免許申請」をする際には労働安全衛生法に基づく免許交付要件が必要になり、その要件の一つに「ボイラー実技講習を修了した者」が規定されています。本講習は、二級ボイラー技士免許申請に必要な資格を付与する講習ですが、試験前の受講も可能です。

2.講習日程及び会場

3.講習費用

(注)申込み後の受講料は、払い戻しできませんのでご了承ください。

受講料(税・テキスト代込)
(1)会員 14,960円
(2)一般 16,111円

4.申込方法

(注)申込みは開催日の1カ月前(土日祝日の場合はその翌日となります)から受け付けますが、定員になり次第終了となることもありますので、ご了承ください。

(1)窓口で申し込みの場合
受講希望者は、申込書に必要事項を記入のうえ、受講料とテキスト代を添えて該当支部へお申し込みください。

(2)郵送又はFAXで申し込みの場合
受講希望者は、申込書に必要事項を記入のうえ、該当支部へ郵送又はFAXで送信してください。その際に、受講料とテキスト代を開催日の5日前までに次の口座にお振り込みください。(現金書留による送金でも差し支えありません。)

(3)本人確認のための書類(自動車運転免許証等)の写し。

5.講習科目

(1)
① 燃焼
② 附属設備及び附属品の取扱い
③ 水処理及び吹出し
④ 点検及び異常時の処置

6.修了証

全科目を受講された方には、「ボイラー実技講習修了証」を交付します。
なお、この修了証は、免許申請書に添付することになりますので、大切に保管してください。

7.その他

(1) 申込書は、当協会の各支部に備えてあります。
当協会のホームページからもダウンロード(印刷)できますので、ご利用ください。

(2) 受講当日に「テキスト」をお渡しします。

(3) 受験用として、次の図書を斡旋します。
①二級ボイラー技士教本
②最短合格二級ボイラー技士試験
③わかりやすいボイラー及び圧力容器安全規則
④二級ボイラー技士免許試験標準問題集(解説付)
⑤二級ボイラー技士免許試験公表問題及び解答・解説(各年前期・後期)
⑥二級ボイラー技士試験公表問題解答解説

(4) 実技の服装について
実技講習では、作業服、運動靴、作業帽を必ず着用してください。

各種講習会の受講申込書ダウンロードはこちらどの講習も開催日の1ヶ月前より受け付けいたします。 FAXでの受付もいたします。

各種講習会の受講申込書 PDF版およびExcel版

前の記事

巻上げ機運転の業務